【基本理念】

One for All, All for One.
~ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために。~

 

【はじめに】

私たち現役会員がこの世に生を享けるずっと前に、情熱高き青年たちが志を一つに「地域をこよなく愛し我が故郷をより一層発展させる為に」という強い想いのもと、山門JCが誕生しました。過去43年という長い歴史の中で、敬愛する先輩たちの弛まぬ努力の積み重ねによって、今私たちがこうして地域の中でJC運動ができていることを決して忘れてはいけません。私たちは先輩たちより受け継がれた誇りと想いをしっかりと継承しながら、今の時代に即した運動・活動を展開していく使命があります。

人生の中で達成したい強い想いや叶えたい夢は誰でも持っていますが、一人で実行するには限界があり、時には失敗したり挫折したりすることもあると思います。私はこの山門JCで一人ひとりの心と力を合わせひとつになれば、一人では不可能なことも実現可能になるということを数多く体感してきました。しかし、全国の会員数が減少傾向にある中、私たちを取り巻く状況も年々厳しいものになってきています。近年、多くの会員が卒業する中、入会年数が浅い会員が占める割合が増える傾向にあり、このままでは組織として不安定な状況に向かうことが懸念され、今後を見据えて今一度結束を高めていく必要があると考えます。個人がたとえどんなに力が強くても、組織がたとえどんなに数が多くても、すべてが同じ方向で目標物に当たらなければ何の効果も生み出しません。組織力が単に会員数の足し合わせではなく、それ以上のパワーを発揮できる「One for All, All for One.」を基本理念に掲げ、個人は成長の源である組織のために一生懸命行動し、組織は会員一人ひとりへ弛まぬ愛情を注ぎ、心を一つに助け合いながら行動できる団体をめざします。個性豊かな素晴らしい会員一人ひとりの強みを結集し、切磋琢磨しながら会員全員であらゆることに挑戦していきます。

 

【会員の資質向上】

私たちが地域の中で事業を行い必要とされる団体として存続していくためには、質の高い安定した組織力を維持することであり、入会年数が浅い会員をはじめ会員一人ひとりの資質向上が求められます。個人の成長は組織の成長に確実につながっていきます。そのためには、一人ひとりがJCの規律や基礎を今一度理解し、改めてJCの会員としての自覚と責任ある行動をとっていかなければなりません。また、一年間を通して開催される例会や事業への参加を自覚させ、その意義を理解させるとともに能動的に行動する会員を育むことが重要です。そして、公益法人であるからこそ会員だけではなく一般市民が必要性を感じ自然と人が集まるような魅力ある例会の企画・運営が必要です。質の高い例会の中で会員が学び、事業の経験を通して会員一人ひとりの資質向上を図ることができます。そして、学びや経験を家庭、職場、さらには地域に落とし込むことで、私たちの運動の周知につなげることができ、最終的には会員個人がこの地域の中心となる人材として地域へ貢献していくものと考えます。委員会活動においても会員一人ひとりが明確な役割を持ち、責任をもって積極的に行動し、お互いの強みを発揮し弱点を補い、高め合うことで相乗効果を生み出します。山門JCらしく他では真似できないことを行える人財の育成をめざします。

 

【会員拡大】

山門JCは、この地域に根付き様々な経験から得られる気づきを糧に自己の成長を促す組織として、多くの人財を輩出してきました。この地域の活性化に必要な原動力は、今も昔も変わらず地域の未来のために行動できる若者です。若者の地域離れによる過疎化や少子化による人口減少は現代社会において深刻な問題ですが、その一方で地元に残り地域の中で業を営みながらこの地域をしっかり支える若者が点在しています。私たちは彼らと手を取り合い、地域の課題にともに立ち向かい、明るい豊かな社会を志す同志を増やしていく必要があります。会員数の減少は組織運営や事業遂行に大きな影響を及ぼすことを、会員一人ひとりがしっかりと理解し危機感を持ち、協働できる仲間がいないか常に周囲に気を配り、情報を得ることが重要です。集約された情報を基に、まずは最初の半年間に集中的に拡大に向けた積極的な活動を展開します。各委員会では、市民のニーズをしっかりと把握し、自然と参加したくなるような例会や事業の構築が必要です。公益法人として開かれた例会や事業への積極的な参加を会員全員で募り、JCのスケールメリットを体感していただき、会員拡大につなげていきます。入会するまでが会員拡大ではなく、入会後の新入会員のフォローが重要であり、新入会員が新たに拡大候補者を紹介する好循環を生み出すことができます。積極的な会員拡大により、未来を見据えた組織の基盤を構築していきます。

 

【まちづくり】

この地域は、交通インフラ整備が進み、スポーツ施設や文化施設が充実し、今後も宿泊施設建設、矢部川流域の整備事業など、さらに地域活性化につながる大きな可能性を秘めています。私たちは、2014年の創立40周年ビジョンに基づき、「PARK SUMMIT」を提唱し、人や団体とのつながりを創り出し、この地域の魅力を発信する事業を継続的に行ってきました。諸団体との意見交換を図る例会や地域の魅力を存分に引き出した事業など、私たちの地道な運動の積み重ねが今後の地域活性化に着実に結びついていきます。この地域のために私たちは今何をしなければならないのかを深く考え、地域のニーズをしっかりと把握し、本当に必要な運動を展開していきます。そのためには、様々な分野で活躍する団体と連携していくことが大切です。組織は違っていても、地域を想う愛着心はどの団体でも共通です。団体それぞれの強みを活かし弱みを補い、地域の誇る人的資源や環境資源を最大限に有効活用し、市民・団体・行政が協働した魅力あるまちづくりをめざします。

 

【青少年育成】

近年、未成年の凶悪な犯罪や親の虐待など、昔では考えられないような子どもに関する事件が増えたように感じます。この地域の将来を担う子どもたちの健全な成長は私たち大人の責務であり、子どもの成長によって地域の将来が変わるといっても過言ではありません。そこで、私たち大人が自分自身を客観的に見つめることを意識するとともに、子どもたちの目標となれるよう自覚を常に持つことが大切です。私たちは、2014年に創立40周年ビジョンに基づき新たな青少年育成事業「Roots of children」を継続的に実施し、「道徳心・挑戦する心・思いやる心・耐え忍ぶ心・熱い心」の5つの心を育むことを目標に取り組んできました。子どもの成長の中で大切なことは、子どもたちがこの地域をさらに好きになることです。子どもたちが地域内での新しい仲間との出会いや素晴らしい資源を活用した貴重な体験を通じ、この地域の未来を想い描く大人に成長し、たとえこの地域を離れたとしても将来この地域に戻って活躍し、私たちの事業で出会った素晴らしい仲間と再び手を取り合い、明るい未来を創造してくれることを確信します。

 

【総務運営】

事業や例会を担う各委員会が一年間最大限に力を発揮し職務を全うするには、会の礎的な役割を担う総務運営が大きな要となります。公益法人として、定款や諸規定に基づき、会員全員が会のルールを遵守し、責任ある行動を意識づけしていくことが重要です。公益性が求められる団体であるからこそ、組織の透明化や情報開示に努めることはもちろんのこと、今の時代に即したツールで常に新鮮で迅速な情報発信に努めていきます。活動や運動を頻繁に発信することで、会員にはJC活動の認識を高めてもらうとともに、地域においては私たち団体の存在をより一層認知していただき、地域から信頼される団体をめざします。会員に対しても頻繁な情報発信と対外交流促進に努め、ともに情報共有をしながらJCとしての認識を高める環境を創ります。円滑な総務運営を基軸とし、委員会同士の連携を図るとともに、一人ひとりが輝ける組織づくりをめざします。対外での活動においても率先して会員の他団体との交流を促し、会員の資質向上を図ります。組織全体が会員一人ひとりを支え合い、様々な苦難にも乗り越えられる強固な組織体として活動していきます。

 

【創立45周年に向けて】

1975年、山門JCは「山門・三池の青年の創意を結集して郷土の発展と若人の自己啓発を計る」という強い想いのもと設立され、2019年には創立45周年を迎えます。2014年に創立40周年ビジョン「独自性-originalty-」を提唱し、オリジナリティ溢れる例会や事業を展開してきました。2014年から現在における情勢や環境の変化を汲み取りながら、40周年から50周年までの折り返し地点として過去4年間を振り返り検証を行い、2019年度へ情報を共有しながら引継ぎを行っていきます。45周年式典開催に向けては、会員全員の力が不可欠であり、会員一人ひとりの意欲を高めていくことが重要です。他LOMの周年式典へ参加経験のない会員の積極的な参加を促し、式典等の設えや流れを見てもらいます。全員で一つのものを創りあげるために、着実に準備をすすめていきます。

 

【近隣青年会議所との連携】

2018年度は福岡ブロック協議会へ第5エリア担当副会長を輩出します。私たち山門JCは、福岡ブロック第5エリアで活躍する大川JC・大牟田JC・柳川JC・山門JCの4つの青年会議所との更なる連携強化に注力し、第5エリア会議の運営をはじめ、野球大会や交流事業を通して深い絆で強固な「一枚岩」を築いていけるよう、全面的に支援していきます。ブロック会長公式訪問(3月合同例会)では、円滑な運営を行い、各LOMと福岡ブロック協議会の交流を図ります。また、矢部川流域に位置する八女JC・筑後JC・山門JCの3つの青年会議所は、ブロックやエリア等の既存の枠組みにとらわれず、近隣LOMが協力し矢部川という共通の資源を活用し誕生した「矢部川くすべぇ」の運営を連動しながら行っていきます。2007年より参画している3LOM合同例会では、更なる親交を深めつつも、今年度は担当LOMとして合同例会の在り方の認識を深め議論する場を創出します。

 

【むすびに】

「One for all, All for One.(ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために。)」、三銃士が剣を合わせて誓い合う時の有名な言葉で、「みんなのためになることを一人ひとりが考え行動しよう。困っている人は皆で手を差し伸べて助け合おう。」という意味を持ちます。一人ひとりが会全体のことを想い考え行動し、例え誰かが壁にぶつかり落ち込むことがあっても、一緒に悩み汗をかき知恵と力を出し合いながら一つずつ壁を乗り越えていくということです。苦楽をともに行動してくれる仲間への感謝の気もちから「絆」がさらに強固なものとなり、あらゆる試練にも挑戦していける力が生まれます。そして、私たちの力の源は、愛する家族や会社、さらに私たちに関わるすべての人びとであり、常に感謝を忘れずに行動していかなければなりません。私たちが今取り組まなければならないことは、まぎれもなく私たちJCの未来、私たちが暮らし働くこの地域の未来を次世代に紡いでいくことにあります。私たちはこの地域に生まれ育てられ、今を生きています。今こそ愛する地域へ恩返しの時、これは私たち世代に課せられた運命です。ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために、心をひとつに全力で挑戦していきます。

 

【基本方針】

1.創立45周年に向けた45名体制の確立

2.PARK SUMMIT 2018 の実施

3.Roots of children vol.5 の実施

4.創立40周年からの検証

5.会員の資質向上と公益性のある例会の実施

6.迅速な情報発信と広報活動

7.第5エリア合同事業の構築と実施

8.3LOM合同例会の構築と実施

9.矢部川くすべぇプロジェクト実行委員会への参画

10.九州クリエイターズマーケットvol.11への協力