山門青年会議所は創立以来、諸先輩方が様々な形で、明るい豊かな社会の実現に向けた青少年育成事業を展開されてこられました。私たちはその姿で挑戦する行動力と組織としての結束力の重要性を学びました。子どもたちを取り巻く生活環境が大きく変化している今、どのような局面にも失敗を恐れずに挑戦する心を持ち続け、しなやかで簡単に折れない心を養う機会を創出することで、希望溢れる地域の未来へとつながると確信いたします。

まずは、明るい豊かな社会の実現を目的とした活動や、どのような状況でもその想いを追求する行動力が必要です。そして、次世代を担う子どもたちが、自分の意志で何かをしたいと思い発芽した「心の芽」を育成するべく、子どもたちの成長につなげるための時間と機会を創出します。さらに、LOM事業との連携を視野に入れながら、新たな事業を構築していきます。また、事業を構築するためには私たち大人世代が、ルールを守り、礼儀正しく節度ある行動を常に心掛けることが必要であります。そして、子どもたちが多くの大人や仲間とふれあい、事業を通して非日常的な様々な体験をしながら、感じ、考え、心を動かす事業を展開します。さらに、私たちが目的をもって、失敗を恐れずに最後まであきらめず挑戦している姿や、助け合う姿など行動をもって伝えていくことが重要です。また、青少年事業を展開することが大事であると同時に、青少年育成に関わる人たちと連携を図り、地域とのコミュニケーションの輪を広げてまいります。また、諸先輩方の青少年事業を振り返るとともに、交流を深め、これから先の事業構築に向けた意見交換をします。

結びに、子どもたちは様々な体験をすることで感じ、考え、心を動かします。私たちが常に真剣に、また熱い情熱をもって子どもたちの「心の芽」を育成していくことで、逞しい心を養い、感情豊かな人となり、希望溢れる地域社会の構築につながると確信します。