年齢制限があるJCでは、常に組織が新鮮なものに保たれ、前進し続ける組織として活動することができます。しかし、挑戦できる月日には限りがあります。山門青年会議所は、その限られた時間の中で地域の発展に寄与するとともに、個人として学び、経験して、成長することもできる魅力的な組織でなければなりません。そのためには、組織を構成する会員一人ひとりの資質向上と意識高揚を図り、活動をさらに充実させることが必要です。

まずは、JC運動に必要不可欠な会員個人の資質向上を図るため、社会状況や会員のニーズに合わせ、個々のスキルアップを実現する機会を提供します。日本JCのプログラムに倣い、ビジネスはもちろん、日常生活でも欠かせないコミュニケーション能力の向上を図り、この地域から必要とされる人材の育成に取り組みます。そして、会員が充実したJC活動を継続していくためにも一人ひとりの意識向上が必要であり、会員に対しては事業への参加はもとより、その意義を伝え、目的意識を持って活動に取り組んでもらうよう努めます。様々な活動を通して多くの学びや気付きを得て、立場が異なる会員が切磋琢磨しあい友情を育むことで、JCが持つ可能性を感じてもらいます。会員一人ひとりがJC運動を深く理解し自主的に学ぶ姿勢を持って行動することで、個人の資質が高まり、活力ある組織の構築にもつながります。また、組織としての活動を拡大していくためにも会員拡大は必要な取組みであり、自己の成長を実感した会員が自らの言葉でJCの魅力を発信し、私たちの活動に対する共感を周囲から得ることで、会員拡大が効果的に進むと考えます。

会員の資質向上が組織の活性化を促し、失敗を恐れない日々の挑戦が個人としての成長、団体としての飛躍を可能にします。私たちは、その活動を通じて、この地域の発展の原動力となる新たな才能を掘り起し、共に学び、魅力的な会員=人材の育成を図っていきます。