我々が、青年会議所運動・活動を展開しているこの地域には、豊かな自然や観光資源・豊富な農畜産物など多く存在し、様々な視点でこの地域のポテンシャルを有効活用できる新たなまちづくりの可能性を秘めています。そこで、各地域の魅力を大切に行政・他団体と連携し、市民とも向き合い、各地域の課題や問題を主体的に考え、決断し、行動できる「地域主権型社会」に取組み、独自の発想を活かしたまちづくりが必要であると考えます。

まず、魅力ある地域の在り方を築くには、各地域のそれぞれの特徴を活かした「自律的かつ持続的な社会の創生」を想定し、この地域に住む我々が現状を把握し強い熱意と行動を持って、地域主権改革を取り入れた新たなまちづくりを牽引することが、青年としての自覚と責任であると思います。そして、山門青年会議所の歴史において諸先輩方が残された数々の軌跡があり、さらに、この地域を担う各団体や企業には、青年会議所を卒業された先輩方が数多く在籍され様々なところでご活躍されています。この現状をふまえ、行政・各団体・市民と関わりを持つ団体として、多様な交流人口の拡大と地域のポテンシャルを有効活用した、新たな価値を創造してまいります。また、2014年に提唱した新たな地域ブランド「PARK SUMMIT」では創設の想いを伝え、我々が主催者であるという意識を十分に根付かせ、この地域の存在価値を全面に出し、地域発展の中長期ビジョンを戦略的に構築しながら広域連携をより一層強化します。その結果、この地域の魅力に誇りと責任を持ち続け主体的に行動できる新たな発想と、人財の創出をめざしてまいります。

最後に、我々はこの地域の先頭に自ら立ち上がり、限界を定めることなく思考を現実のものに変える「強い信念」を持ち、明るい豊かな社会の実現のため、それぞれの熱意が人を動かし、自分自身をも動かす行動力を喚起させ本質的な目的実現に挑戦してまいります。