スゴいひと開発委員会基本方針

委員長 坂本 誠

山門青年会議所は、42年という歴史の中で様々な活動を展開し、この地域を魅力あるものにしてきました。これは、創立から今に至るまで多くの先輩方の熱い想いと高い志があったからです。私たちも、その意思を受け継ぎ、このまちが希望に満ちた未来となるよう、一人ひとりがこれからの時代を築いていくという責任と覚悟を持って行動しなければなりません。そのためには、組織活動の根幹となる会員個人の資質向上が必要と考えます。

まずは、事業の企画や資料の作成に楽しく取り組めるよう、発想力や創造力を磨き、考えを上手に整理する力、集中力などを身に付けるプログラムを行い、今後の事業立案を円滑に進める手助けとなる例会を実施します。これにより、会員それぞれが目標を明確に設定でき、問題解決力が高まります。そして、JC活動や地域社会の中で必要不可欠な周囲の人の理解や協力を得るためにも、コミュニケーション能力及び人前で堂々と話せる力を身に付ける企画を実施し、会員が自らの考えをしっかり持ち発信する能力を養うことで、円滑な人間関係を築いていきます。さらに、ディベートという方法を用いて、先に学んだ発想力や考えの整理法、人前で堂々と話せる力を応用し実践することで、コミュニケーションの達人=スゴいひとになることをめざします。また、コミュニケーション力の向上は、組織の活性化にもつながる要素であり、さまざまな機会を通して会員同士の絆をより深め、相互理解を図り、会員間の結束力を高めます。そして、会員一人ひとりがJCの魅力を広く発信し、私たちの活動に対する賛同者を得ることで会員拡大に繋がっていくと考えます。

これらの事業を展開することで、この地域の未来を担うスゴいひとの原石が磨かれ、今後人として成長してその存在感を発揮します。会員が率先して学び、その力が行動へとつながったとき、それは山門青年会議所の力となり、地域のための大いなる力にもなります。

 

 

<事業計画>

1.会員拡大情報の収集と報告

2.2月例会

3.5月例会

4.7月臨時総会懇親会

5.9月例会

6.10月例会