地域活性化委員会 基本方針

委員長 村上 朋彦

この地域には、世界に誇れる数多くの地域資源が点在し「ひとをつなぐ」交流人口の拡充を図る可能性が秘められています。また、九州新幹線をはじめ、みやま柳川ICや有明海沿岸道路の利便性も考え、この地域の魅力をさらに発信していけるものと確信します。しかし、この可能性と魅力を発信していくためには、地域の方々と情報交換を行い、問題や課題を共有し、率先して行動することが、この地域の活性化につながるものと考えます。

まずは、私たちが地域の魅力を再確認するために、さまざまな角度から方向性を定め情報収集を行い積極的に連携を図ることにより、地域一体となったまちづくりを目指してまいります。そして、PARK SUMMITに向けた会議体を造り、行政・他団体と情報交換や意見交換を行い、その内容を現実的なものとして、魅力ある地域づくりを実現してまいります。また、PARK SUMMITでは、これまでの情報をもとに筑後広域公園内を幅広く活用し、さまざまな場所で、参加、体験できる地域活性化事業を行い、終日滞在型事業を構築してまいります。さらに、昨年の来場者アンケートを最大限に活かし、この地域の魅力を広域的に発信してまいります。そして、今年度はメインイベントの一つとしてこの地域の特産物などを使用した地域密着型事業「ギネス世界記録」に、この地域に住む市民の方を巻き込んだ参加型での事業を構築し地域の活性化をめざして、この地域をよりアピールしてまいります。また、青少年事業とも連携を図り子供を持つ私たち若い世代へJCの活動、魅力を発信していくことにより会員拡大へと繋がると確信しております。

私たちは、この地域の活性化を想い、さまざまな情報を収集し、地域のために事業を盛り上げ、多くの人に参加してもらい、この地域をアピールすることにより、地域活性化することと確信しております。素晴らしいまちづくりができるよう日々挑戦してまいります。

 

 

<事業計画>

1.拡大情報の収集と会員拡大

2.新年祝賀会

3.4月例会

4.8月例会

5.PARK SUMMIT 2017

6.九州クリエイターズマーケット実行委員会への協力

 

<委員会日>

第2・第4火曜日

 

<委員会予算>

1,700,000円

 

<委員会メンバー>

委 員 長 村上 朋彦

副委員長 金子 貴一

委  員 田中 紳一

委  員 内山田佳子

委  員 樺島 健太

委  員 小柳 充生(事務局長次長と兼務)