たからのやま育成委員会 基本方針

たからのやま育成委員会
委員長 佐田 慎吾


近年、スマートフォンやSNSの急速な普及により、家の中で誰とでもつながることが可能となった一方で、子どもたちが元気に遊びまわる姿や子どもたち同士で顔を合わせて過ごす時間が減少し、コミュニケーションの在り方が変化しつつあります。今だからこそ、様々な年代の子どもたち同士の交流や、学んでいく機会を通じて、私たち青年会議所が、今後の地域を担っていく子どもたちの成長につながる運動を行っていく必要があります。

まずは、私たち自身が、次世代を担う子どもたちにとって、最も大切なことを考え、子どもたちが考える現状を知り、意識の共有を図り、語り合いの場を設けることで、これからの青少年事業に活かせるための機会を創出いたします。そして、その結果を考慮しながら、子どもも大人も一緒になって学ぶ機会を創出し、これからの青少年事業の礎となる例会を構築します。さらに、「わんぱくキッズアカデミーVOL.3」において、集約した情報を活かしながら、子どもたち自身で、学校や年齢の垣根を越えた交流を実現し、共に汗を流し、協力して、一つのものを作り上げていく機会を創出していきます。また、相手の目を見て手を取りあい、互いに話をしながら、仲間と協力する楽しさを実感することで、本来のコミュニケーション能力を育み、未来を担う子どもたちが笑顔溢れる事業となるように展開いたします。そして、今後の青少年事業を今まで以上に向上していくためにも、今まで学んだことや、これからも活かしていけることを共有できる場を設け、メンバー同士の交流を深めると共に、今後の青少年事業の発展へとつながる機会を創出いたします。

私たち自身が、子どもたちに対して抱いている知識や理解を向上させ、次世代を担っていくこの町のたからである子どもたちと一緒に豊かな心を芽生え成長させ、一人ひとりのつながりを大切にしていくことが、明るい地域社会へつながっていくと確信しております。


<事業計画>
1.2月例会
2.5月例会
3.11月例会
4.青少年メイン事業
5.野球部運営
6.3分間スピーチ
7.拡大候補者情報共有
8.会員拡大活動