スゴイ仲間拡大室 基本方針

スゴイ仲間拡大室

         室長 坂本 誠


国内の少子高齢化と、地方での人口減少から経済が縮小する中で、山門青年会議所ではLOMの活動を支えていく会員の数が年々減少しています。私たちは笑顔で前向きな運動を展開して、地域社会の発展に寄与し、これまで築いてきた地域との連携を、さらに強固にすることが求められています。そのために、共に歩んでいけるより多くの仲間に青年会議所へ加わってもらい、明るい未来を切り拓いていく、スゴイ組織になる必要があります。

まずは、スゴイ仲間拡大室では去年の拡大委員会で作っていた拡大リストを参考に、拡大リストをバージョンアップします。そして、30人体制に近づけるために、全会員と随時拡大候補者の情報を共有し、各例会に参加してもらい、青年会議所の活動を知っていただくとともに、質の高い例会をみていただきます。さらに、多くの方に山門青年会議所の良さを知ってもらうために、SNSを活用し拡大候補者以外にも、例会内容や学んでいる姿をみてもらいます。また、メンバーを増やすために、どんな手法でアポイントを行っているか、他LOMの拡大委員長から候補者の情報を収集しているかなどを学んで、仲間の拡大へ繋げます。そして、運動に自信がある方や興味がある拡大候補者のために、運動例会を開催することで、青年会議所では、幅広い事業も行っていることを知っていただくとともに、親交を深めて山門青年会議所に入りたいと思ってもらいます。さらに、メンバー一人ひとりから、拡大候補者の情報収集をするとともに、随時アタックします。また、拡大候補者からさらなる拡大候補者を聞き出して、スゴイ仲間を増やしフォローも行います。

会員の減少が著しい今、私たち山門メンバーが、一致団結して拡大活動を行い、より積極的に行動することで、各事業や運動を魅力的にすることで、会員の拡大と成長につなげ、生まれ育った愛すべき地元のより良い未来のために、覚悟を持って邁進してまいります。


<事業計画>
1.会員拡大活動
2.拡大候補者情報共有
3.3月合同例会(大川)
4.7月例会
5.10月3LOM合同例会(山門)
6.各委員会のフォロー