山門堅実総務広報委員会基本方針

山門堅実総務広報委員会
委員長 山田 大


山門青年会議所は、これまで地域の発展を目指し様々なJC運動を展開してきました。今の山門青年会議所があるのは諸先輩方が歩みを止めることなく情熱を持って次の世代へつながれてきた伝統によるものです。この受け継がれたJC運動を継続していくには地域から必要とされる団体としての存在価値を高めていかなければなりません。そのためには円滑な組織運営と効果的な広報を用いてJC運動ならびにJC活動を行うことが必要です。

まずは、山門青年会議所が継続して地域の発展を目指す団体であり続けるために、諸先輩方から受け継がれた組織風土を継承し、失敗を恐れない強い覚悟を持って、新しい視点を取り入れ、時代の変化に応じた組織運営をします。そして、会員の団結力の向上のために、総務広報委員会が担う最高意思決定機関である総会と、これまで山門青年会議所を作り上げてきた2021年度の卒業メンバーに、感謝と敬意をこめた卒業例会への出席の必要性と、重要性を共有し、メンバー出席率100%を達成することで、メンバーの意識高揚を目指します。さらに、団体としての存在価値を高めるために、各メンバーが定款及び諸規定を把握、遵守した上でこれから行う事業についてメンバー間で議論を行い、JC運動を行う山門青年会議所の様子を、SNSやHPにて幅広く発信し、質の高い広報活動と広報力の強化を行います。また、山門青年会議所の活動の幅を広げ、より良い事業構築を行うために、これまで先輩方が築き上げたSNSを継承し、新たに動画提供サービスを活用することで、様々な魅力を発信しながら長期の目標として新たな取り組みに挑戦します。

結びに、山門の総務委員会としての役割を全うし、地域や社会への奉仕の気持ちを持ち、堅実な組織運営を行う事で、今まで以上に地域に必要とされる団体となり、山門のつながれてきた伝統を想い、若き力を持った私たちの歩みが明るく魅力ある地域を実現します。


<事業計画>
1.1月通常総会
2.8月臨時総会
3.8月総会 懇親会
4.12月例会
5.一般社団法人格の運用
6.定款の審査
7.広報活動
8.HPの運用
9.入退会審査
10.賛助会員の管理
11.基本資料の作成
12.OB会との交流
13.名刺作成
14.拡大候補者の情報の共有

<委員会日>
第2・4 木曜日

<委員会予算>
216,200円

<委員会メンバー>
委 員 長  山田 大